人の幸せを祈る
 
万策尽きたら、感謝で太陽に逃げ込む

安部浩之作品No,091208
                                                                                                                                           文,Kohsi

 

サイトをUPしていると多くの方から、いろいろなメールを頂きます。

それは、苦言であったり、励ましであったり、質問であったり、様々です。

私はそれが、どんな内容であれ、どんな方であれ、匿名であれ、有り難いご縁だと思っています。

先日は、あるご婦人からメールを頂きました。

度重なる不幸と、苦しい胸のうちを語ってくれました。

彼女は誰よりも、事の因果をたどり、自省の心を持つ優しい女性でした。

返信を書こうと思いつつ言葉が見つからず、時を過ごしました。

結局、それは詩となりました。彼女へ上の詩を送ります。

また、万策尽きた方の支えになればと願います。

皆さん、いつも気は巡っています。元なる気、元気は必ず巡ってくるのです。

元気を出して下さい。