人の幸せを祈る

アリガリア

 

アリは甘い物をエサにしているのではありません。

アリは幼虫から出るアミノ酸をエサにして生きています。

だから

幼虫を育てることが

すなわち

自分を育てることなのです。

 

アリのガロンはその事を憎みました。

  「どうしてこんな仕組みになってんだ

  バッタや蝶のように草食ったり、フルーツ食ったり出来たら

  どんなに楽できるだろうか?」

と、多くのアリは、ガロンの言葉にうなずき

それでも、自分の命のために

全体の流れを止める事なく

昨日も今日も明日もモクモクと

列をなして働いたのでした。

そんな時

ある事件が起きました。

幼虫がバタバタを死にはじめたのです。

幼虫の死は、働きアリの死も意味します。

人間が製造した薬にダマされたのです。

アリたちは恐れました。

幼虫がスグに育つわけではない

やがて、僕らも、全滅してしまう。

アリたちは、あわてて別の砂糖を口に運びました

「食べてくれよ、俺たちの命もかかってるんだぞ」

しかし、幼虫には、口を開ける力もありませんでした。

命綱を失い、アリ達は少しづつ列を乱しはじめ、右へ左へ・・・・

やがて

ヨロヨロし、バタバタと倒れはじめました。

 

ただ

いつも、黙って物を運ぶ

シオンは、息絶え絶えの幼虫のそばから離れようとしません。

「ごめんね、変なもの持ってきて、

    僕たちが、もっと注意すればよかったのに」

苦しんでいる幼虫たちが、

可愛そうで可愛そうでならなかったのです。

そういって涙を流しながら

「ごめんね、ごめんね」

と、謝るばかりでした。

シオンは最後の力を振り絞って、最後まで諦めずに

残り少ない砂糖のカケラを幼虫の口に注ごうとしました。

しかし

幼虫のカラダは冷たく、硬くなり

 ついに、シオンも倒れてしまいました。

 

それから、まもなくして

天使が導きにきたかのように

光と共に、女王アリが現れました。

そして、虹色のアミノ酸をシオンの体の上にまき散らしたのでした。

シオンは、見事に息を吹き返しました。

しかし、

シオンは、正気になればなるほど

幼虫や友達アリの哀れな光景に

再び涙しなければなりませんでした。

 「女王様、どうして、どうして僕だけを救ったのですか?」

女王アリは言いました。

 

  「何をしたか、何をなしたか、は問題ではないのです。

                どういう気持ちでしたかなんですよ」

 

その時、シオンの背中には羽根が生え始めていました。

その羽根こそ、

次の子供達を産み増やす力を得たしるしでした。

 

シオンは、

多くの幼虫の死、仲間の涙を背負い、

              雄々しく飛び立ったのでした。

安部 浩之 作

 

ウィンドウを閉じる  

(SAS総目次 へ

 感想メール

 

以下、英文

The ant is not to make a sweet thing bait.
The ant makes the amino acid that goes out of the larva bait and is alive.

Therefore,
Bringing up the larva
I am brought up.

Ant's gallon hated the thing.

「It might be such a mechanism why. Be likely it be able to eat the grass like the grasshopper and the butterfly, etc. , to eat the fruit, and it to be very easy. 」

A lot of ants : still ..nod to the word of the gallon.. without the thing to stop the entire flow for my life.
It did because it had worked yesterday, today, and tomorrow.

Then,
A certain event occurred.
The larva began to die.
As for the larva's death, it also means worker ant's death.
It was cheated by the medicine that man had manufactured.
Ants feared it.
We also will die before long and it is done that the larva doesn't grow up at once.
Portable "Our ..your may being to eat.. , lives were going to hang, too" It was ants' panicking in the mouth of another sugar and the larva did not have power to open the mouth either.
・・・・ Ants lost the life rope, began to disarrange the row little by little, fell right, and it began to fall before long left.

However,
It becomes silent and the thing is carried always.
Zion doesn't start parting by the larva of the breath discontinuing discontinuing.
"I'm sorryed, and we only had to bring wrong food, and to note it more" Larvas who suffered did not become it poor poor.
It ..tears ..saying so.... just apologized though it was a sink, "I'm sorry I'm sorry".
Zion made few left sugar larva's mouth with the note trench without squeezing out one's last ounce of strength, and giving it up to the last minute.
However,
Larva's body coldly becomes hard.
Zion has fallen finally, too.


After that, the queen ant appeared with light as if it would do soon and the angel had come to lead.
And, because an iris amino acid had been scattered on the body of Zion, it did.
Zion blew splendidly and was returned.
However,
Zion had to shed tears for larva and friend ant's pitiful spectacles again according to becoming if recovering one's senses.

"Why ..queen.. why was only I saved?"
The queen ant said.


「What did you do, what did you do, and no ..peel.. problem. What feelings was it?」


At that time, the shuttlecock began to grow in the back of Zion.
Only the shuttlecock was a mark that gained power to give birth to the following children and to increase.

Because Zion shouldered a lot of companions' tears, and had flown away manly, it did.